研究業績 Achievements

最終更新日 2019.11.07

2019年度

学術論文誌

  1. D. Dwiardhika and T. Tachibana, ``Optimal Construction of Service Function Chains Based on Security Level for Improving Network Security,'' in IEEE Access, vol. 7, pp. 145807-145815, 2019.

国際会議

  1. Y. Katayama and T. Tachibana, ``Optimal Task Allocation for Minimizing Total Response Time in MEC Platform,'' in Proc. 2019 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Yilan, Taiwan, May. 2019.
  2. M. Kumazaki, M. Ogura and T. Tachibana, ``VNF Management with Model Predictive Control for Service Chains,'' in Proc. 2019 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Yilan, Taiwan, May. 2019.
  3. Y. Mori and T. Tachibana, ``User Movement and Content Placement Control with Optimization Problem for Content Delivery Services,'' in Proc. 2019 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Yilan, Taiwan, May. 2019.

国内研究会・国内大会

  1. 横井花深, 橘拓至, ``D2D型SNSに対するカスケード障害の影響を低減する自律分散制御法,'' 2019年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会, E-11, Aug. 2019.
  2. 片山優貴子, 橘拓至, ``MECプラットフォームにおける総応答時間の低減を目的とした協調的タスク割り当て法,'' 2019年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会, E-10, Aug. 2019.
  3. 木村圭佑, 橘拓至,``P4を用いたMRCの実装と予備ルーティング構成数が性能に与える影響の実験評価,'' 2019年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会, E-21, Sept. 2019.
  4. 澤田知貴, 橘拓至, ``MECとクラウドを併用した多人数情報共有型アプリケーションのシステム構築,'' 2019年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会, E-12, Aug. 2019.
  5. 野中咲穂, 橘拓至, ``MEC環境における要求の異なるタスクに対する応答時間を考慮した経路割り当て法,'' 2019年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会, E-15, Aug. 2019.
  6. 長谷川聖樹, 橘拓至, ``VNFの配置コストを考慮したサービスチェイン構成法,'' 2019年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会, E-19, Sept. 2019.
  7. 松原和輝, 橘拓至,``P4で実装されたMRCに対する通信性能の実験評価,'' 2019年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会, E-20, Sept. 2019.
  8. 吉山遼太, 橘拓至, ``ネットワーク分析のための P4 を用いたデータ収集基盤の構築,'' 2019年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会, E-14, Aug. 2019.
  9. 横井花深, 橘拓至, ``D2D型SNSのカスケード障害に対する耐性を向上させる最適な友人追加と自律分散制御法,'' インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), O1-1, Sept. 2019.
  10. 澤田知貴, 橘拓至, ``MECとクラウドを併用した多人数情報共有型ゲームアプリの実験評価,'' インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), P2-8, Sept. 2019.

受賞

  1. 横井花深, インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), 最優秀賞 (オーラル部門), 令和元年9月20日

2018年度

学術論文誌

  1. S. Horiuchi and T. Tachibana, ``Dynamic Replacement of Virtual Service Resources based on Tree Topology for Mobile Users in Virtual Networks,'' Journal of Computers, 2018.
  2. S. Horiuchi and T. Tachibana, ``Replacement Algorithm of Virtual Service Resources with Dynamic Resource Allocation Based on Traffic Change in Virtual Networks,'' Journal of Computer Networks, 2018.
  3. T. Hatanaka and T. Tachibana, ``LE-MRC: Low-Energy based Multiple Routing Configurations for Fast Failure Recovery,'' Computer Networks, vol. 150, pp. 170–178, Feb. 2019.

国際会議

  1. T. Sugii and T. Tachibana, ``Performance Analysis and Experimentation of Maximum Transmission Rate Control for Autonomous User Movement,'' in Proc. 2018 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, May 2018.
  2. N. Yamato and T. Tachibana, ``Development and Experimentation of Smartphone Application for Supporting Proper Cycling Speed,'' in Proc. 2018 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, May 2018.
  3. H. Yokoi and T. Tachibana, ``Topology Design based on User Relationship for Cascading Failure in D2D-based Social Networking Service,'' in Proc. 2018 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, May 2018.
  4. S. Horiuchi and T. Tachibana, ``Replacement of Virtual Service Resources for Virtual Networks with Tree Structure,'' in Proc. International Conference on Computer and Electrical Engineering, Tokyo, Oct. 2018.
  5. T. Hatanaka and T. Tachibana, ``Robustness based Low-Energy Multiple Routing Configurations for Fast Failure Recovery,'' in Proc. 2018 International Conference on Computer and Electrical Engineering (ICCEE 2018), Tokyo, Japan, Oct. 2018.
  6. D. Amaya, Y. Sumi, S. Homma, T. Okugawa and T. Tachibana, ``VNF Placement with Optimization Problem Based on Data Throughput for Service Chaining,'' in Proc. 2018 IEEE 7th International Conference on Cloud Networking (CloudNet), Tokyo, Japan, Oct. 2018.
  7. D. Dwiardhika and T. Tachibana, ``Cost Efficient VNF Placement with Optimization Problem for Security-Aware Virtual Networks,'' in Proc. 2018 IEEE 7th International Conference on Cloud Networking (CloudNet), Tokyo, Japan, Oct. 2018.

国内研究会・国内大会

  1. 畑中崇志, 橘拓至, ``総消費電力量を低減するRLE-MRCの改善アルゴリズム,'' 信学技報, vol. 118, no. 38, NS2018-17, pp. 13-18, May 2018.
  2. 杉井智哉, 橘拓至, ``自律的な移動を誘発する最大伝送レート制御法の解析とシミュレーションによる性能評価,'' 信学技報, vol. 118, no. 124, NS2018-76, pp. 191-196, July 2018.
  3. 横井花深, 橘拓至, ``D2D 型SNSにおけるカスケード障害の影響を低減する最適ネットワーク構成法,'' 信学技報, vol. 118, no. 124, NS2018-82, pp. 229-234, July 2018.
  4. 片山優貴子, 橘拓至, ``MECプラットホームにおける応答時間を考慮した最適協調オフロード選択法の検討,'' インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), P1-10, Sept. 2018.
  5. 熊崎雅哉, 橘拓至, ``複数サービスチェインに対するモデル予測制御を用いたVNF管理法の検討,'' インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), P2-9, Sept. 2018.
  6. 森雄大, 橘拓至, ``コンテンツ配信に適したユーザ移動・コンテンツ配置制御の検討,'' インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), P3-10, Sept. 2018.
  7. 橘拓至, 岡本直也, ``エッジコンピューティングとクラウドコンピューティングを併用したスマートフォンアプリの検討'', 信学技報, vol. 118, no. 250, NS2018-113, pp. 43-44, Oct. 2018.
  8. G. Kato and T. Tachibana,``Optimal Resource Allocation Based on Backhaul Link Bandwidth and User Fairness for Heterogeneous Networks'', IEICE Tech. Rep., vol. 118, no. 465, NS2018-236, pp. 255-260, Mar. 2019.
  9. S. Yamamoto and T. Tachibana,``Management of Multiple Resource Considering Sharable VNF for Service Chaining'', IEICE Tech. Rep., vol. 118, no. 465, NS2018-243, pp. 295-300, Mar. 2019.
  10. 横井花深, 橘拓至, ``D2D型SNSにおけるカスケード障害を低減する自律分散制御法,'' 2019年電子情報通信学会総合大会, B-6-17, Mar. 2019.
  11. D. Amaya, S. Homma, and T. Tachibana, ``Heuristic Algorithm for Maximizing Total Data Throughput in Service Chaining,'' 2019 IEICE General Conference, BS-4-2, Mar. 2019.
  12. 岡本直也, 橘拓至, ``MECとクラウドを併用した多人数情報共有型ARアプリの開発,'' 2019年電子情報通信学会総合大会, B-12-8, Mar. 2019.
  13. 片山優貴子, 橘拓至, ``MECプラットフォームにおける総応答時間の最小化を実現するタスク割り当て法,'' 2019年電子情報通信学会総合大会, B-12-7, Mar. 2019.
  14. 熊崎雅哉, 小蔵正輝, 橘拓至, ``複数サービスチェインに対するモデル予測制御を用いたVNFインスタンス管理法,'' 2019年電子情報通信学会総合大会, B-6-13, Mar. 2019.
  15. 森雄大, 橘拓至, ``適切なユーザ移動を伴う最適コンテンツ配置制御の提案,'' 2019年電子情報通信学会総合大会, B-6-66, Mar. 2019.
  16. 橘拓至, 平田孝志, ``P4 を用いた複数ルーティング構成法の実装に関する検討,'' 2019年電子情報通信学会総合大会, B-6-7, Mar. 2019.

2017年度

国際会議

  1. G. Kato and T. Tachibana, ``Resource Allocation with Optimization Problems Based on Dual Connectivity and Backhaul Link for Heterogeneous Networks," in Proc. 2017 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, June 2017.
  2. F. Ibrahim, H. Pinitsuwan, Y. Shirosaki, and T. Tachibana, ``Experimental Evaluation of Mobility Management in ID/Locator Separation Networks and Dynamic Control of Maximum Transmission Rate," in Proc. 2017 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, June 2017.
  3. S. Yamamoto and T. Tachibana, ``Optimal Resource Pool Management for Sharable VNFs in Service Chaining," in Proc. 2017 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, June 2017.
  4. S. Fukuhara and T. Tachibana, ``Robustness-based Resource Trading with Optimization Problem for Network Slicing," in Proc. 2017 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, June 2017.

国内研究会・国内大会

  1. 山本周平, 橘拓至, ``サービスチェイニングにおける共用可能VNFを考慮したリソースプール管理法," 信学技報, vol. 117, no. 3, NS2017-4, pp. 19-24, Apr. 2017. 
  2. 島田直人, 橘拓至, ``すれ違い通信システムに対するインセンティブ計算方式の検討," 信学技報, vol. 117, no. 3, NS2017-13, pp. 73-76, Apr. 2017.
  3. 畑中崇志, 橘拓至, ``複数ルーティング構成法に対するロバスト性とリンクの消費電力を考慮したリンク削除法," 平成29年電気関係学会北陸支部連合大会, E-43, Sept. 2017.
  4. 鷲見恭仁, 橘拓至, ``VNFの依存関係とトラヒック変化率を考慮したサービスチェイン構成法," 平成29年電気関係学会北陸支部連合大会, E-44, Sept. 2017.
  5. 道健太郎, 橘拓至,``サービスチェイニングに対する処理遅延と複数サービスクラスを考慮した最適VNF配置方式," 平成29年電気関係学会北陸支部連合大会, E-45, Sept. 2017.
  6. 橘拓至,``将来ネットワークにおけるネットワーク資源管理技術," 平成29年電気関係学会北陸支部連合大会, I-2, Sept. 2017.
  7. 杉井智哉, ファーハナイブラヒム, 橘拓至, ``ID・ロケータ分離網における利用時間と位置情報変更を考慮した最大伝送レート制御法," 平成29年電気関係学会北陸支部連合大会, E-47, Sept. 2017.
  8. 近藤友弘, 橘拓至, ``DTN機能が実装されたアクセスポイントに対する移動タイミング決定方式の検討," 平成29年電気関係学会北陸支部連合大会, E-48, Sept. 2017.
  9. D. Dwiardhika and T. Tachibana, ``Virtual Network Embedding Based on Security Level with VNF Placement," 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-7-27, Sept. 2017.
  10. 杉井智哉, ベドカフレ, 橘拓至, ``ID・ロケータ分離ネットワークにおける最大伝送レート制御法の実験評価," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2017.
  11. 畑中崇志, 橘拓至, ``高速障害復旧と低消費電力化を考慮したLE-MRC法," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2017.
  12. 杉井智哉, ベドカフレ, 橘拓至, ``ID・ロケータ分離ネットワークにおけるネットワークの接続状況に基づく最大伝送レート制御法の検討," 信学技報, vol. 117, no. 262, NS2017-102, pp. 63-64, Oct. 2017.
  13. 横井花深, 橘拓至, ``D2D型SNSに対するカスケード故障の影響を考慮した2階層トポロジ設計法の検討," 信学技報, vol. 117, no. 262, NS2017-96, pp. 41-42, Oct. 2017.
  14. 橘拓至, ベドカフレ, ``自発的なユーザ移動を誘発して通信環境を最適化する情報通信基盤技術の確立," 信学技報, vol. 117, no. 262, NS2017-106, pp. 79-80, Oct. 2017.
  15. 近藤友弘, 橘拓至, ``DTN機能を併用する無線LANアクセスポイントを用いたコンテンツ配信に対する移動タイミング決定方式," 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-188, pp. 119-124, Mar.2018
  16. F. Ibrahim and T. Tachibana, "Performance Evaluation of Dynamic Control of Maximum Transmission Rate for User's Movement in ID/Locator Separation Networks", IEICE Tech. Rep., vol. 117, no. 459, NS2017-190, pp. 131-134, Mar. 2018
  17. 多保田耕平, 橘拓至, ``サービスチェイニングにおけるトラヒックの複数分岐を考慮したVNF配置アルゴリズムの提案," 信学技報, vol. 117, no. 473, PN2017-91, pp. 1-6, Mar. 2017.
  18. 道健太郎, 橘拓至, ``サービスチェイニングに対する遅延時間の複数サービスクラスを考慮したVNF配置アルゴリズム," 第14回PN研究会学生ワークショップ, Mar. 2017.
  19. Dhanu Dwiardhika and Takuji Tachibana, ``Performance Evaluation of Security-Aware Virtual Network Embedding with VNF Placement," 2018年電子情報通信学会総合大会, BS-2-20, Mar. 2018.
  20. 鷲見恭仁, 本間俊介, 奥川徹, 橘拓至, ``サービスチェイニングにおけるデータスループットを考慮した最適VNF配置法," 2018年電子情報通信学会総合大会, B-6-7, Mar. 2018.
  21. 杉井智哉, 橘拓至, ``自律的な移動を促進する最大伝送レート調整法の伝送帯域に対する性能解析," 2018年電子情報通信学会総合大会, B-6-67, Mar. 2018.
  22. 廣島健亮, 小蔵正輝, 杉本謙二, 橘 拓至, ``サービスチェイニングにおけるVNFインスタンス管理のためのモデル予測制御," 2018年電子情報通信学会総合大会, B-6-9, Mar. 2018.
  23. 山戸直耶, 橘拓至, ``適正速度での走行を支援するサイクリング用アプリの開発," 2018年電子情報通信学会総合大会, B-6-68, Mar. 2018.
  24. 山本健, 橘拓至, ``依存関係を持つVNFに対するCPU使用量と伝送帯域を考慮した最適配置方式,'' 2018年電子情報通信学会総合大会, B-6-8, Mar. 2018.
  25. 横井花深, 橘拓至, ``D2D 型SNS のカスケード故障を考慮した交友関係制御に基づくトポロジ設計法,'' 2018年電子情報通信学会総合大会, B-6-40, Mar. 2018.

受賞

  1. 鷲見恭仁, 電子情報通信学会北陸支部, 平成29年度優秀論文発表賞, 平成30年2月
  2. 杉井智哉, 電子情報通信学会北陸支部, 平成29年度優秀論文発表賞, 平成30年2月

2016年度

学術論文誌

  1. Y. Urayama, H. Tsubota, and T. Tachibana, ``Virtual Network Construction Scheduling based on Network Criticality and Network Resources for Robust Physical Network," Journal of Internet Technology, vol. 17, no. 2, pp. 359-367, Apr. 2016.

国内研究会・国内大会

  1. [奨励講演] 浦山康洋, 橘拓至, ``最適化問題によるトポロジ設計を適用したバッチ型仮想網構築法," 信学技報, vol. 116, no. 8, NS2016-13, pp. 65-68, Apr. 2016.
  2. 福野太洋, 橘拓至, ``サーバの性能と消費電力を考慮した発見的手法を用いた仮想サービス資源配置アルゴリズム," 信学技報, vol. 116, no. 8, NS2016-1, pp. 1-4, Apr. 2016.
  3. 橘拓至, 鎌村星平, 前田英樹, ``2015年度ネットワークシステム研究会における研究動向報告," 信学技報, vol. 116, no. 44, NS2016-24, pp. 59-64, May 2016.
  4. 張錦程, 浦山康洋, 橘拓至, ``ソーシャル推薦システムにおける次数分布に基づく友人推奨方式," 信学技報, vol. 116, no. 146, NS2016-71, pp. 108-112, July 2016.
  5. F. B. Ibrahim, 橘拓至, ``ID/ロケータ分離ネットワークアーキテクチャの大学内利用実験," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2016.
  6. 張錦程, 浦山康洋, 橘拓至, ``ソーシャル推薦システムにおける推薦情報の迅速な伝達を支援する友人推奨方式," 平成28年電気関係学会北陸支部連合大会, E-41, Sept. 2016.
  7. 多保田耕平, 橘拓至, ``SFC に対する配置可能種類数とリンク遅延を考慮した動的 VNF 割当スケジューリングの提案," 平成28年電気関係学会北陸支部連合大会, E-13, Sept. 2016.
  8. 近藤友弘, 橘拓至, ``ユーザ数を考慮したUAV巡回路決定方式に対するユーザ移動の影響調査,`` 平成28年電気関係学会北陸支部連合大会, E-36, Sept. 2016.
  9. 道健太郎, 橘拓至, ``サービスファンクションチェイニングの伝送遅延制約と伝送帯域を考慮した最適 VNF 配置に対する経路選択法の効果," 平成28年電気関係学会北陸支部連合大会, E-14, Sept. 2016.
  10. F. Ibrahim, H. Pinitsuwan, Y. Shirosaki, T. Ishibashi, T. Hatanaka, and T. Tachibana," Experimental Evaluation of Mobility Management with HIMALIS Architecture for Campus Network Environments," 平成28年電気関係学会北陸支部連合大会, C-6, Sept. 2016.
  11. 橘拓至, ``通信ネットワーク技術を用いた地域活性化の取り組み紹介," 信学技報, vol. 116, no. 256, NS2016-96, pp. 41-42, Oct. 2016.
  12. 浦山康洋, 橘拓至, ``物理網のロバスト性と伝送距離を考慮した仮想網構築法," 信学技報, vol. 116, no. 307, PN2016-32, pp. 39-44, Nov. 2016.
  13. 畑中崇志, 橘拓至, ``複数トポロジ構成法に対する消費電力とリンク長を考慮したリンク削除法," 信学技報, vol. 116, no. 307, PN2016-27, pp. 7-12, Nov. 2016.
  14. 鷲見恭仁, 橘拓至, ``サービスチェイニングにおけるVNFの依存関係と トラヒック変化率を考慮した最適VNF配置方式," 信学技報, vol. 116, no. 307, PN2016-29, pp. 19-24, Nov. 2016
  15. 加藤岳, 橘拓至, ``HetNet環境におけるキャリアアグリゲーションとバックホールリンクを考慮した最適資源割当法," 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-173, pp. 93-98, Mar. 2017.
  16. 井上拓哉, 橘拓至, ``モバイルエッジコンピューティングにおけるサーバ処理能力とマイグレーション遅延を考慮した最適VM配置法," 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-174, pp. 99-104, Mar. 2017.
  17. 福原翔太, 橘拓至, ``ネットワークスライシングに対するサービス品質を考慮した資源トレーディング方式," 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-171, pp. 83-86, Mar. 2017.
  18. 白崎友里恵, ファーハナ イブラヒム, ベド カフレ, 橘拓至, ``ID/ロケータ分離ネットワークにおける利用時間とロケータ変更を考慮した最大伝送レート制御法," 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-119, pp. 133-138, Mar. 2017.
  19. [奨励講演] 鷲見恭仁, 橘拓至, ``サービスチェイニングにおけるVNFの依存関係とトラヒック変化率を考慮したVNF配置アルゴリズム," 信学技報, vol. 116, no. 498, PN2016-92, pp. 51-56, Mar. 2017.
  20. 道健太郎, 橘拓至, ``サービスチェイニングに対する伝送遅延のサービスクラスを考慮した最適VNF配置方式," 信学技報, vol. 116, no. 498, PN2016-96, pp. 73-76, Mar. 2017.
  21. F. Ibrahim, Y. Shirosaki, Ved P. Kafle, and T. Tachibana, ``Impact of Transmission Delay and Packet Loss on Dynamic Control of Maximum Transmission Rate in ID/Locator Separation Networks," in Proc of the 2017 IEICE General Conference, BS-1-16, Mar. 2017.

受賞

  1. 多保田耕平, 電子情報通信学会北陸支部, 平成28年度優秀論文発表賞, 平成29年2月
  2. 近藤友弘, 電子情報通信学会北陸支部, 平成28年度優秀論文発表賞, 平成29年2月
  3. 道健太郎, 電子情報通信学会北陸支部, 平成28年度優秀論文発表賞, 平成29年2月
  4. 鷲見恭仁, 電子情報通信学会, 第12回PN若手研究賞, 2017年3月6日

2015年度

国際会議

  1. Y. Urayama, H. Tsubota, and T. Tachibana, ``Virtual Network Construction Scheduling based on Network Criticality for Robust Physical Networks," in Proc. 2015 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, June 2015.
  2. T. Hatanaka and T. Tachibana, ``Multiple Routing Configuration Method for Fast Failure Recovery and Low Energy Consumption," in Proc. 2015 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), Taipei, Taiwan, June 2015.

国内研究会・国内大会

  1. 浦山康洋, 坪田隼人, 橘拓至, ``ネットワーク資源の有効利用を実現するロバスト性と資源量に基づいた仮想網構築スケジューリングの検討," 信学技報, vol. 115, no. 1, NS2015-13, pp. 71-74, Apr. 2015.
  2. 島田直人, 橘拓至, ``インセンティブ付与型すれ違い通信におけるユーザ情報を用いた不正抑制法", 信学技報, vol. 115, no. 41, NS2015-24, pp. 53-58, May 2015.
  3. 小柳裕樹, 橘拓至, ``木構造を分割したトポロジにおける仮想サービス資源配置法の検討," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2015.
  4. 福野太洋, 橘拓至, ``サーバの占有率とリンク負荷を考慮した仮想サービス資源配置法の検討," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2015.
  5. 堀内咲江, 畑中崇志, 橘拓至, ``すれ違い通信を利用した地域活性化用アプリの開発と運用," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2015.
  6. Y. Urayama and T. Tachibana, ``Virtual Network Construction with Optimization Scheduling for Maximizing Revenue," 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-6-17, Sept. 2015.
  7. 関智広, 畑中崇志, 田中秀樹, 浦山康洋, 橘拓至, ``商店街の活性化を実現するすれ違い通信アプリの開発," 信学技報, vol. 115, no. 251, NS2015-103, pp. 85-88, Oct. 2015.
  8. 畑中崇志, 福野太洋, 多保田耕平, 鷲見恭仁, 関智広, 樋口健, 橘拓至, ``すれ違い通信を利用したキャラクター育成アプリの実証実験," 信学技報, vol. 115, no. 251, NS2015-96, pp. 51-54, Oct. 2015.
  9. 浦山康洋, 橘拓至, ``収益と遅延を考慮した最適仮想網構築スケジューリング," 信学技報, vol. 115, no. 326, NS2015-120, pp. 51-56, Nov. 2015.
  10. 小柳裕樹, 橘拓至, ``木構造を分割したネットワークトポロジに対する複数仮想サービス資源配置法," 信学技報, vol. 115, no. 326, NS2015-111, pp. 7-10, Nov. 2015.
  11. 福野太洋, 橘拓至, ``発見的手法によるリンク負荷を考慮した仮想サービス資源配置法の検討," 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-225, pp. 281-284, Nov. 2015.
  12. 藤原敏明, 橘拓至, ``遺伝的アルゴリズムを用いたロバストな仮想網トポロジ設計法と疑似逆行列の性質を利用した高速化," 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-191, pp. 133-138, Mar. 2016.
  13. 関智広, 橘拓至, ``BLEを利用したすれ違い通信アプリケーションの開発と評価," 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-203, pp. 203-206, Mar. 2016.
  14. 多保田耕平, 橘拓至, ``サービスチェイニングに対する仮想ノードの未使用時間を考慮したVNF割当スケジューリング方式," 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-171, pp. 19-24, Mar. 2016.
  15. 近藤友弘, 橘拓至, ``UAV を利用したメッセージフェリーに対するユーザ数を考慮した巡回路決定方式," 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-185, pp. 99-104, Mar. 2016.
  16. 鷲見恭仁, 橘拓至, ``クラウドコンピューティングにおける処理時間と消費電力を考慮した仮想マシン配置法," 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-200, pp. 185-190, Mar. 2016.
  17. 道健太郎, 橘拓至, ``サービスファンクションチェイニングに対する複数サービスクラスを考慮した最適VNF配置方式," 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-170, pp. 13-18, Mar. 2016.
  18. 木下恭平, 橘拓至, ``UAVを利用した環境発電型DTNに対するマルコフ決定過程に基づいたメッセージ転送方式," 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-184, pp. 95-98, Mar. 2016.
  19. 島田直人, 橘拓至, ``すれ違い通信システムにおいてユーザの不正を抑制する報酬計算法の提案," 2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-37, Mar. 2016.
  20. 小柳裕樹, 橘拓至, ``木構造を考慮した複数仮想サービス資源配置法の性能評価," 2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-66, Mar. 2016.
  21. 畑中崇志, 橘拓至, ``複数ルーティング構成のリンク削除がスループットに与える影響の評価," 2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-42, Mar. 2016.
  22. 清水学, 堀内咲江, 三好一徳, 村瀬勉, 橘拓至, ``過密な無線LAN環境におけるユーザ移動がスループットに与える影響の実験評価," 2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-106, Mar. 2016.

受賞

  1. 浦山康洋, 小柳裕樹, 畑中崇志, G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール, 奨励賞, 平成27年11月28日

2014年度

学術論文誌

  1. Y. Urayama and T. Tachibana, ``Virtual Network Construction with K-Shortest Path Algorithm and Optimization Problems for Robust Physical Networks," International Journal of Communication Systems, early view, Mar. 2015.

国際会議

  1. Y. Urayama and T. Tachibana, ``Rapid Topology Design based on Shortest Path Betweenness for Virtual Network Construction," in Proc. 2014 International Conference on Future Information Engineering (FIE 2014), vol. 10, pp. 105-111, Beijing, China, July 2014.
  2. Y. Urayama and T. Tachibana, ``Star-Topology Virtual Network Construction with Optimization Problems for Video Streaming System of Sightseeing Information," in Proc. The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2015 (IMECS 2015), Hong-Kong, China, Mar. 2015.

国内研究会・国内大会

  1. 橘拓至, ``すれ違い通信システムにおける地域活性化を実現するインセンティブ型参加促進手法の解析評価," 信学技報, vol. 114, no. 163, NS2014-78, pp. 167-172, Aug. 2014.
  2. 浦山康洋, 橘拓至, ``地域活性化を実現する情報配信システム用仮想網構築に関する一検討," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Aug. 2014.
  3. 畑中崇志, 橘拓至, ``高速障害復旧と低消費電力を実現するリンク削減アルゴリズムの性能評価," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Aug. 2014.
  4. 小柳祐樹, 橘拓至, ``DTN技術を利用したデータ伝送アプリの実証実験," 平成26年電気関係学会北陸支部連合大会, F-23, Sept. 2014.
  5. 関智広, 橘拓至, ``すれ違い通信アプリの実証実験に関するアンケート結果報告," 平成26年電気関係学会北陸支部連合大会, F-24, Sept. 2014.
  6. 畑中崇志, 橘拓至, ``消費電力を考慮した複数ルーティング構成法に対する必要リンク導出手法の性能比較," 平26電気関係学会北陸支部連合大会, C-15, Sept. 2014.
  7. 福野太洋, 橘拓至, ``物理サーバの使用台数を制限した仮想サービス資源配置法の検討," 平成26年電気関係学会北陸支部連合大会 C-14, Sept. 2015.
  8. 浦山康洋, 橘拓至, ``ネットワーク仮想化技術を用いた観光情報用動画配信システムの提案," 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-4-5, Sept. 2014.
  9. 小柳祐樹, 橘拓至, ``木構造を考慮した仮想サービス資源再配置法の検証," 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-6-18, Sept. 2014.
  10. 畑中崇志, 橘拓至, ``複数ルーティング構成法に対する必要リンク条件を考慮した改良アルゴリズムの検討," 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-6-39, Sept. 2014.
  11. 橘拓至, ``地域活性化用すれ違い通信システムに対するユーザ移動と道路形状の影響評価," 信学技報, vol. 114, no. 206, NS2014-100, pp. 123-128, Aug. 2014.
  12. 浦山康洋, 橘拓至, ``観光情報用動画配信に向けた仮想ネットワーク構築法の提案," 信学技報, vol. 114, no. 252. NS2014-112, pp. 51-54, Oct. 2014.
  13. 畑中崇志, 橘拓至, ``必要リンク導出手順の異なる省電力複数ルーティング構成法の性能評価," 信学技報, vol. 114, no. 252, NS2014-110, pp. 45-48, Oct. 2014.
  14. 堀内咲江, 三好一徳, 村瀬勉, 橘拓至, ``過密な無線LANにおけるキャプチャ効果を考慮したシミュレーション性能評価,"信学技報, vol. 114, no. 371, NS2014-150, pp. 19-24, Dec. 2014.
  15. 小柳裕樹, 橘拓至, ``閉路のある仮想網におけるトラヒック量を考慮した仮想サービス資源配置法, 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-187, pp. 65-68, Mar. 2015.
  16. 畑中崇志, 橘拓至, ``複数ルーティング構成法に対する消費電力とトラヒック量を考慮したリンク削除法," 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-180, pp. 25-30, Mar. 2015.
  17. 福野太洋, 橘拓至, ``発見的手法によるリンク負荷を考慮した仮想サービス資源配置法の検討," 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-225, pp. 281-284, Mar. 2015.
  18. 堀内咲江, 三好一徳, 村瀬勉, 橘拓至, ``過密な無線LAN環境におけるユーザ移動協力を用いた品質向上制御, "信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-220, pp. 251-256, Mar. 2015.
  19. 橘拓至, 小野宏介, 三井理加, 関智広, ``地域活性化の実現に向けたすれ違い通信アプリに対するゲーミフィケーションの検討," 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-199, pp. 129-132, Mar. 2015.
  20. 藤原敏明, 橘拓至, ``通信トラヒックとロバスト性を考慮した高速仮想網設計法," 2015年電子情報通信学会総合大会, B-6-13, Mar. 2015.
  21. 石橋拓己, 橘拓至, ``IPS機能付きロードバランサを用いたセキュリティ対策システムのゲーム理論解析," 2015年電子情報通信学会総合大会, B-6-89, Mar. 2015.
  22. 田中秀樹, 橘拓至, ``データセンタ間のマイグレーション遅延を考慮した最適仮想マシン配置法の検討," 2015年電子情報通信学会総合大会, B-6-99, Mar. 2015.
  23. 島田直人, 橘拓至, ``すれ違い通信システムにおけるユーザの不正を抑制するインセンティブ付与方式," 2015年電子情報通信学会総合大会, B-6-37, Mar. 2015.
  24. 小野宏介, 関智広, 橘拓至, ``ゲーミフィケーションを用いた商店街の来客数増加を実現するすれ違い通信アプリの検討," 2015年電子情報通信学会総合大会, BS-4-13, Mar. 2015.
  25. 三井理加, 関智広, 橘拓至, ``ゲーミフィケーションを適用した観光客の増加を実現するすれちがい通信アプリの検討," 2015年電子情報通信学会総合大会, BS-4-12, Mar. 2015.
  26. [招待講演] 橘拓至, ``すれ違い通信システムに対するユーザの参加促進機構に関する理論的検討," 信学技報, Mar. 2015.

受賞

  1. Shin'ichiro Murata, Best Student Paper Award of The 2014 IAENG International Conference on Communication Systems and Applications, 平成26年4月28日
  2. Takuro Yamamoto, Certificate of Merit (Student) for The 2014 IAENG International Conference on Communication Systems and Applications, 平成26年4月28日
  3. 小野宏介, G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール, 北陸総合通信局長賞, 平成26年12月6日
  4. 浦山康洋, 電子情報通信学会北陸支部, 平成26年度優秀学生表彰, 平成27年2月
  5. 畑中崇志, 電子情報通信学会北陸支部, 平成26年度優秀論文発表賞, 平成27年2月10日
  6. 堀内咲江, 三好一徳, 村瀬勉, 橘拓至, 電子情報通信学会, 第14回ネットワークシステム研究賞, 2015年3月2日

2013年度

学術論文誌

  1. P. Chaikijwatana and T. Tachibana, ``Auction-based Bandwidth Management with Network Coding and Cooperative Communication in Wireless Networks," accepted for publication in IETE Journal of Research.
  2. G. Matsui, T. Tachibana, Y. Nakamura and K. Sugimoto, ``Distributed Power Adjustment based on Control Theory for Cognitive Radio Networks," accepted for publication in Computer Networks.
  3. G. Matsui, T. Tachibana, K. Kogiso and K. Sugimoto, ``Dynamic Resource Management in Optical Grid," accepted for publication in IEEE Transaction on Control Systems Technology.

国際会議

  1. Y. Urayama and T. Tachibana, ``Virtual Network Construction with K-Shortest Path Algorithm and Prim's MST Algorithm for Robust Physical Networks," in Proc. The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2014 (IMECS 2014), Hong-Kong, China, Mar. 2014.
  2. S. Murata and T. Tachibana, ``Information Distribution System with Distributed Reinforcement Learning for Providing Local Information," in Proc. The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2014 (IMECS 2014), Hong-Kong, China, Mar. 2014.
  3. T. Yamamoto and T. Tachibana, ``Message Transmission with User Grouping for Improving Transmission Efficiency and Relaiability in Mobile Social Networks," in Proc. The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2014 (IMECS 2014), Hong-Kong, China, Mar. 2014.

国内研究会・国内大会

  1. Y. Nakamura and T. Tachibana, ``Power Adjustment Based on Anti-Windup Control in Cognitive Radio Networks," 信学技報, vol. 113, no. 92, IN2013-33, pp. 45-50, June 2013.
  2. N. Handa, T. Tachibana, and T. Hori, ``Robustness-based Topology Design with SINR and Spacial Reuse in Multi-hop Wireless Network," 信学技報, vol. 113, no. 92, IN2013-34, pp. 51-56, June 2013.
  3. 浦山康洋, 橘拓至, ``資源の有効利用と設計時間の短縮を実現する仮想網設計法," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2013.
  4. 村田慎一郎, 橘拓至, ``道路状況を考慮して地域情報を配信する強化学習を用いた車車間通信の検討," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2013.
  5. 山本拓郎, 橘拓至, ``データ転送先を制限したDTN技術の実装と評価," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Sept. 2013.
  6. 浦山康洋, 橘拓至, ``トポロジの設計時間を短縮する有向グラフを用いた仮想網設計法," 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-38, Sept. 2013.
  7. 浦山康洋, 橘拓至, ``最短経路表を利用した仮想網のトポロジ高速再設計法," 平成25年電気関係学会北陸支部連合大会, E-26, Sept. 2013.
  8. 山本拓郎, 橘拓至, ``複数台端末での安定した通信を実現するDTN技術の実装," 平成25年電気関係学会北陸支部連合大会, Sept. 2013.
  9. 橘拓至, 堀俊和, 福間慎治, 藤元美俊, 半田憲嗣, ``地域の安全と賑わいを創出するソフトウェア制御ネットワーク技術とすれ違い通信技術に関する一検討," 信学技報, vol. 113, no. 244, NS2013-105, pp. 83-86, Oct. 2013.
  10. 村田慎一郎, 橘拓至, ``地域情報を提供するための強化学習を用いた高効率情報配信システムの提案," 信学技報, vol. 113, no. 388, NS2013-168, pp. 29-34, Jan. 2014.
  11. 浦山康洋, 橘拓至, ``物理網のロバスト性維持と迅速なトポロジ変更を実現する仮想網再構築法," 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-184, pp. 43-48, Mar. 2014.
  12. 村田慎一郎, 橘拓至, ``データの優先度を考慮したすれちがい通信を実現する分散強化学習法," 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-191, pp. 85-90, Mar. 2014.
  13. 山本拓郎, 橘拓至, ``データ転送先を制限したDTN技術に対するデータサイズ削減手法の実装," 信学技報, vol. 113, no. 473, IN2013-160, pp. 101-104, Mar. 2014.
  14. 坪田隼人, 橘拓至, ``ネットワーク資源の有効利用を実現する仮想網構築スケジューリングの検討," 信学技報, vol. 113, no. 473, IN2013-147, pp. 25-28, Mar. 2014.
  15. 山内俊英, 橘拓至, ``ホップバイホップルーティングにおけるロバスト性を考慮した確率的経路選択法," 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-219, pp. 249-252, Mar. 2014.
  16. 小柳裕樹, 橘拓至, ``仮想網のトラヒック変化に対応する動的資源割当法の提案," 信学技報, vol. 113, no. 473, IN2013-148, pp. 29-34, Mar. 2014.
  17. 畑中崇志, 橘拓至, ``高速障害復旧を実現する省電力な複数ルーティング構成法," 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-180, pp. 19-24, Mar. 2014.
  18. 福野太洋, 橘拓至, ``仮想網のリンク負荷を考慮した仮想サービス資源配置法," 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-178, pp. 7-12, Mar. 2014.
  19. 藤原敏明, 橘拓至, ``通信トラヒック量を考慮した仮想網のロバスト性評価手法とトポロジ設計法," 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-179, pp. 13-18, Mar. 2014.
  20. 堀内咲江, 橘拓至, ``環境発電型無線通信デバイスに対する残余電力を考慮したスリープ制御の効果," 信学技報, vol. 113, no. 473, IN2013-151, pp. 47-52, March, 2014

受賞

  1. 浦山康洋, 電子情報通信学会北陸支部, 平成25年度優秀論文発表賞, 平成26年1月
  2. 山本拓郎, 電子情報通信学会北陸支部, 平成25年度優秀論文発表賞, 平成26年1月

その他

  1. 「情報研究開発事業 福井大の3件採択」, 福井新聞6面, 2013年8月6日.

2012年度

学術論文誌

  1. Y. Nakamura, T. Tachibana, and G. Matsui, ``Task Transmission Control with Dynamic Lightpath Setup for Constant Processing Delay in Optical Grid," IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, vol. 7, no. 5, pp. 495–501, Sept. 2012.

国際会議

  1. G. Matsui, Y. Nakamura, T. Tachibana, K. Sugimoto, and S. Wakui, ``Distributed Power Adjustment in Cognitive Radio Networks Using PID Control," International Conference on Control, Automation and Information Sciences 2012 (ICCAIS 2012), Ho Chi Minh, Vietnam, Octorber 2012, pp. 265-270.

国内研究会・国内大会

  1. 野澤真介, 橘拓至, ``マルチレート無線メッシュ網におけるロバスト性を考慮したノード配置法," 信学技報, vol. 112, no. 8, NS2012-6, pp. 43-46, Apr. 2012.
  2. 浦山康洋, 橘拓至, ``仮想ネットワークにおける高速トポロジ決定法の提案," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), Aug. 2012.
  3. 浦山康洋, 橘拓至, ``ロバスト性と資源の有効利用を考慮した仮想ネットワーク分割・移行技術の提案," 信学技報, vol. 112, no. 209, IN2012-50, pp. 7-12, Sept. 2012.
  4. 山本拓郎, 橘拓至, ``ユーザの通信履歴を利用したすれちがい通信の高信頼化技術の提案," 信学技報, vol. 112, no. 209, IN2012-67, pp. 93-98, Sept. 2012.
  5. 村田慎一郎, 橘拓至, ``ブロードキャスト型車車間通信に対する強化学習の適用," 信学技報, vol. 112, no. 208, NS2012-68, pp. 89-92, Sept. 2012.
  6. 筒井竜乃介, 橘拓至, ``ドメイン情報を制限した大規模光パス網のトポロジ設計法," 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-187, pp. 129-134, Mar. 2013.
  7. 宮島貴生, 橘拓至, ``マルチテナント型データセンタにおける低消費電力を実現する仮想網構築法の検討," 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-197, pp. 185-190, Mar. 2013.
  8. 山本拓郎, 橘拓至, ``通信履歴を利用してデータ転送を制限するDTN技術の実装," 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-159, pp. 31-34, Mar. 2013.
  9. 浦山康洋, 橘拓至, ``Shortest Path Betweennessを用いた仮想ネットワークの高速再構成法," 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-160, pp. 35-40, Mar. 2013.
  10. 坪田隼人, 橘拓至, ``物理網の耐障害性を考慮したバッチ型仮想網構築法," 2013年電子情報通信学会総合大会, Mar. 2013.
  11. 山内俊英, 橘拓至, 木下和彦, ``ソースルーティングに対するロバスト性を考慮した確率的経路選択法," 2013年電子情報通信学会総合大会, Mar. 2013.

2011年度

学術論文誌

  1. B. Nassar, T. Tachibana, and S. Kasahara, ``Hop-based Burst-Cluster Transmission: Fairness Improvement in High-Performance OBS Networks," IEEE/OSA Journal of Optical Communications and Networking, vol. 3, no. 6, pp. 542-552, June 2011.
  2. H. Kinoshita, T. Tachibana, and K.Sugimoto, ``Rank-based Dynamic Frequency Hopping without Strict Coordination in IEEE 802.22 WRAN System," International Journal of Communication Systems, vol. 25, no. 3, pp. 340-355, Mar. 2012.

国際会議

  1. G. Matsui, K. Kogiso, T. Tachibana, and K. Sugimoto, ``Relaxed MPC-based Management of Computing and Wavelength Resources in Optical Grid Networks," The 10th WSEAS International Conference on Applied Computer and Applied Computational Science, Mar. 2011.
  2. P.Chaikijwatana and T.Tachibana, ``VCG Auction-based Bandwidth Allocation with Network Codingin Wireless Networks," The 10th WSEAS International Conference on Applied Computer and Applied Computational Science, Mar. 2011.
  3. M. Mori, T. Tachibana, K. Hirata, and K. Sugimoto, ``A Proposed Topology Design and Admission Control Approach for Improved Network Robustness in Network Virtualization," The IEEE Global Communications Conference 2011 (GLOBECOM 2011), Dec. 2011.

国内研究会・国内大会

  1. 森美華, 橘拓至, 平田健太郎, 杉本謙二, ``ロバスト性を考慮した仮想ネットワークのトポロジ設計法と受付制御技術の提案," 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-174, pp. 63-68, Mar. 2011.
  2. 小渕周, 橘拓至, 徐蘇鋼, ``光パス設定の公平性を改善する強化学習法の検討," 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-167, pp. 25-28, Mar. 2011.
  3. P. Chaikijwatana and T. Tachibana, ``VCG Auction with CooperativeNetwork Coding for Bandwidth Allocation in Multi-rate Wireless Networks," 信学技報N, vol. 110, no. 448, S2010-194, pp. 175-180, Mar. 2011.
  4. G. Matsui, T. Tachibana, Y. Nakamura, and K. Sugimoto, ``PID-based Power Control Algorithm in Cognitive Radio Networks," 信学技報N, vol. 110, no. 448, S2010-201, pp. 217-222, Mar. 2011.
  5. G. Matsui, T. Tachibana, Y. Nakamura, and K. Sugimoto, ``Model Predictive Control for Distributed Power Adjustment in Cognitive Radio," 信学技報, vol. 111, no. 8, NS2011-8, pp. 43-48, Apr. 2011.
  6. Y. Nakamura, T. Tachibana, and G. Matsui, ``Task Transmission with I-PD Control and Dynamic Lightpath Setup for Considering Processing Delay in Optical Grid," 信学技報, vol. 111, no. 91, NS2011-45, pp. 9-14, June 2011.
  7. 森美華, 橘拓至, 平田健太郎, 杉本謙二, ``ロバストな仮想ネットワークを提供するための物理ネットワーク設計法の検討," インターネット技術第163委員会(ITRC)新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN), pp. 68-72, Sept. 2011.
  8. 森美華, 橘拓至, 平田健太郎, 杉本謙二, ``半正定値計画問題によるネットワーク仮想化に適した物理ネットワークのトポロジ設計法," 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-220, pp. 233-236, Mar. 2012.
  9. 野澤真介, 橘拓至, ``GAを用いたロバストなマルチレート無線ネットワーク設計法," 2012年電子情報通信学会総合大会 B-6-21, Mar. 2012.
  10. 村田慎一郎, 橘拓至, ``VANETにおける強化学習を用いたブロードキャスト法の効果," 2012年電子情報通信学会総合大会 B-6-55, Mar. 2012.
  11. 浦山康洋, 橘拓至, ``経路分割処理を用いたロバストな仮想ネットワーク構築," 2012年電子情報通信学会総合大会 B-7-36, Mar. 2012.
  12. 山本拓郎, 橘拓至, ``すれちがい通信における高信頼データ転送のためのユーザグループ化手法," 2012年電子情報通信学会総合大会 B-7-63, Mar. 2012.

受賞

  1. 松井元輝, 橘拓至, 中村幸紀, 杉本謙二, 第11回ネットワークシステム研究賞, 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, Mar. 2012.

その他

  1. 橘拓至, 原井洋明, 光ネットワークの分散制御方法, Feb. 2011.
  2. 橘拓至, ``この本をお勧めします: スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン," 通信ソサイエティマガジン, no. 20 春, Mar. 2012.